FC2ブログ

歩く壁日記

MMORPGマビノギのブログです。
※他スキルの昇段を受けて点数獲得方法に書き忘れがあったのを気付いたので追記

大雨やら雹で荒れていた7月です。そして熱い!

2017072601.jpg
昇段システム改変のアップデートがありました。
今まで名称だけで効果などはなかった昇段が、新たに効果を持つようになったりエフェクトが付くようになりました。
1人で出来るようになったのも大きいかも!

2017072602.jpg
早速ディフェンスの試験受けてきました。
雑にやりすぎて1回目不合格になったけど、2回目以降は合格に。

2017072603.jpg
ディフェンスが段になるとガード時にこんなエフェクトが付くようになりました。
かっこいい!・・・のかな?

2017072604.jpg
ディフェンス3段の試験で出た最高記録です。
大きなミスをするたびに途中退場するので、地味に申請費がいたい・・・。

2017072605.jpg
ディフェンスに限らないですが昇段試験をするにあたってクリアランクはとても重要になります。
2段試験ではSランクを、3段試験ではSSランクをそれぞれ2回ずつとるのが必須というのが厳しいです。
ディフェンスの場合は9000以上でS、12000以上でSSと思われます。(10900時Sランク)

2017072606.jpg
無事3段試験を終えて授賞式!

2017072607.jpg
色んなNPCに祝われながらムービーが終わりました。

2017072608.jpg
3段だー!基礎防御が少し上がったのでまた少し硬くなれました。やったネ!


・・
・・・

ここからは昇段試験内でのお話・・・長文になります。
これからディフェンス昇段試験を受ける人の役に立てばいいなと思いつつ書いてみることに。

まず、ディフェンス昇段試験の最低限のルールを。

【点数獲得方法】
・ ディフェンスで敵の攻撃を防ぐ
・ 敵のディフェンスを破る
・ クリア時のHP残量でボーナス点が変化
基本的には防ぐか破るかのどちらかができれば加点されていくので、スキルの見極めからの迅速な対応が求められます。
他にはクリア時のHP残量で追加得点が変化するので、HPは可能な限り減らさないように戦いたいところです。

【試験を受ける前に知っておきたいこと】
・ 名前表示を消すと台詞吹き出しが消える。(Ctlr+N)
・ 実はディフェンスを破るスキルはスマッシュだけではない。ダウンアタックも加点対象。
・ 途中退場しても再試験は受けられる。
・ アタックは殴るタイミングを遅らせることで1回多く殴れる。例:2打武器なら3打、3打武器なら4打(+1打)

名前表示を消すことで、よく喋るグレムリンやガゴの吹き出しが消せるので相手のスキルアイコンが格段に見やすくなります。

そして、ディフェンスを破るスキルはスマッシュだけではないという点が重要。
ダウンアタックを敵のディフェンス準備完了に合わせて当てることで加点になるので
知っているかいないかでガゴ&グレムリンへの加点頻度が変わってきます。
(試験中に試行錯誤していてダウンアタックを使って加点対象だとわかってホントよかったよ・・・!)

昇段試験はリアル1日1回受けれて、合格すると次の日の午前7時を越えるまで再度試験が受けられなくなるので
途中経過で納得のいく動きや得点でなければ途中退場が無難。

今でこそ廃れてる(?)+1打攻撃は、アタックを誘発させる上で役に立つので使って損なしです。

【敵の出現情報】
1: ヘビーガーゴイル + 緑グレムリン
2: 黒毒ヘビ + 黒ノール
3: サハギンファイター + サハギンウォーリア
4: ???
4沸き目はディフェンスだと無理していく必要がないので不明。
全体を通しでやる時致命的なミスとなるのは、ヘビガゴ&グレムリンからのクリティカル攻撃(クリーンヒット)と黒毒ヘビの毒攻撃。
これを受けたら即退場でいいレベルです。小さなミスが続いてHPが70~80%切っても退場がいいかも。



ここからは各敵への戦い方

【ヘビーガーゴイル + 緑グレムリン】
この組み合わせ、位置取りによっては多タゲになりやすいので注意。
多タゲになってしまったらディフェンス・カウンター・ウィンドミル・アタック迎撃の使用順番を見極めて捌く。

この2匹は吹き飛ぶとディフェンスを度々使うのでダウンアタックを積極的に狙いたい。
ダウンアタック後の位置が敵陣のど真ん中だと危険なので扱いに注意。
ガゴのディフェンスは解除も早いので、欲を出しすぎるのも危険。

敵行動の対処
『ヘビガゴ』    『自分』
無防備      様子見 or アタック(1打)かウィンドミル後にディフェンスで様子見。スマッシュから入ってダウンアタック狙いもあり。
先制アタック   ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンター⇒ディフェンスの繰り返し。
           (スマッシュ・カウンター後に相手ディフェンスならダウンアタックも可)
ディフェンス    ディフェンスしながら接近(CT中ならなしのままも可)⇒スマッシュ
カウンター     ウィンドミル⇒ディフェンスかカウンターで様子見
スマッシュ     ウィンドミル or アタックで迎撃(ヘビスタのリスクあり)
ストンプ       ウィンドミル⇒ディフェンスかカウンターで様子見
アイスボルト    ディフェンス⇒カウンター or ウィンドミル(どちらでも可)⇒ディフェンス後に即スマッシュ⇒以降先制アタックと同じ動き

『緑グレムリン』   『自分』
無防備        先制アタック1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ
先制アタック    ディフェンス後に即スマッシュ⇒生きてたら状況に合わせてアタック・スマッシュ・ウィンドミル
ディフェンス     ディフェンスしながら接近(CT中ならなしのままも可)⇒スマッシュ
カウンター      ウィンドミル⇒ディフェンスかカウンターをしながら様子見
スマッシュ     アタック迎撃⇒ディフェンス後に即スマッシュ


【黒毒ヘビ + 黒ノール】
黒ノールはスキルをころころかえるもののディフェンスの頻度はやや低め。
行動自体も1打いれてアタック誘発させない限りは動きが不安定なので様子見しながら基本に忠実な戦い方をするのが吉。
黒毒ヘビの毒攻撃は受けた時点で台無しになるので多タゲには細心の注意をはらう。

攻めて数を減らす場合の優先順位
黒ノール>黒毒ヘビ

2種の多タゲの場合優先順位
黒毒ヘビ>>>>>黒ノール

多タゲになったらとにかく黒毒ヘビの動きをよく見る。

敵行動の対処
『黒毒ヘビ』   『自分』
無防備      先制アタック1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ
先制アタック   ディフェンス後に即スマッシュ⇒生きていたらカウンターかウィンドミル。ヘビがディフェンスしていたらスマッシュかダウンアタック
ディフェンス    スマッシュ⇒更にディフェンスしたらダウンアタック、アタックで向かってくるならディフェンス後に即スマッシュ

『黒ノール』   『自分』
無防備     先制アタックの+1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンター or ウィンドミル⇒次の行動を様子見
先制アタック  ディフェンスからの即スマッシュ⇒次の行動を様子見
ディフェンス   スマッシュ⇒次の行動を様子見
カウンター    ウィンドミル⇒次の行動を様子見
ウィンドミル   ディフェンスしながら接近、使用しない場合はウィンドミルをする


【サハギンファイター + サハギンウォーリア】
黒ノールよりは突撃傾向なAIなものの多タゲになりやすいので注意。
セイレーンDなどで使える先制ウィンドミルによる巻き込みで「!」にできるかは試してないので不明。
ウォーリアが弓持ちなので多タゲになったらウォーリア優先で倒したい。
サハギンは結構タフなので、1匹で加点を狙いやすいこともあり無理に殲滅にこだわる必要なし。

敵行動の対処
『サハギンファイター』   『自分』
無防備        アタックの+1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンター⇒ディフェンス後に即スマッシュの繰り返し
先制アタック     ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンターディフェンス後に即スマッシュの繰り返し
ディフェンス      スマッシュ⇒次の行動を様子見
カウンター       ウィンドミル⇒次の行動を様子見
スマッシュ      アタック迎撃1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンター⇒ディフェンス後に即スマッシュの繰り返し
ウィンドミル      ウィンドミル⇒次の行動を様子見 (あまり使ってこない)

『サハギンウォーリア』  『自分』
無防備        アタックの+1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ⇒次の行動を様子見
先制アタック     ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンター⇒ディフェンス後に即スマッシュの繰り返し
ディフェンス      スマッシュ⇒様子見(ディフェンスならダウンアタックやスマッシュ)
カウンター      ウィンドミル⇒次の行動を様子見
スマッシュ      アタック迎撃1打⇒ディフェンス後に即スマッシュ⇒カウンター⇒ディフェンス後に即スマッシュの繰り返し
ウィンドミル      ウィンドミル⇒次の行動を様子見 (あまり使ってこない)
レンジアタック    ディフェンス⇒相手がアタックの場合ディフェンス、更にレンジならウィンドミルか殴ってディフェンスして即スマッシュ




実際は自分の位置取りや敵AIの行動などで書いてる通りにいかない場面もありますが、大体はこんな感じで戦えば大丈夫かなと。
ノールとサハギン辺りは動きが不安定になりやすいので、あまりあてにならないです。
ただ、先手で(+1打)敵の行動を操る(アタック誘発)ことができると少し楽になるかも。
予備知識ですが、無防備の敵は+1打でアタック誘発になりますが、既に「!!」になっている敵は1打入れるとアタックを誘発させれます。(敵によっては例外あり)


以上でディフェンス昇段試験のお話は終わりになります。
うーん、書いてて変なところがないといいなぁ・・・!



今回はこの辺で
ではではっ
スポンサーサイト